スポンサーリンク

準備

  • PIXEL-PLUSを使うために、最初に以下を書く。
    #include <PixelPlus.h>
    PixelPlus PIXEL ;

初期化

  • setup()の中で一度だけ呼ぶ。
    void setup()
    {
      PIXEL.init() ; // 初期化
    }

バックライト制御

  • バックライトON
    PIXEL.backLight(1) ; // バックライトの点灯
  • バックライトOFF
    PIXEL.backLight(0) ; // バックライトの消灯

背景色の設定

  • 色は「赤」「緑」「青」の「RGBカラー」で設定する。
    PIXEL.setBgColor(R, G, B) ; // 背景色の設定
    R,G,B = 0~255
    • 使用例
      PIXEL.setBgColor(255,   0,   0) ; // 赤
      PIXEL.setBgColor(  0, 255,   0) ; // 緑
      PIXEL.setBgColor(  0,   0, 255) ; // 青
      PIXEL.setBgColor(255, 255, 255) ; // 白
      PIXEL.setBgColor(  0,   0,   0) ; // 黒
      PIXEL.setBgColor(255, 255,   0) ; // 黄
      PIXEL.setBgColor(255,  51, 255) ; // ピンク
  • その他の色は以下のような色見本のサイトで確認できる。

画面消去

  • 色を指定しないで全画面クリア
    PIXEL.clear() ; // 全画面クリア
  • 消去後の色を指定して全画面クリア
    PIXEL.clear(R, G, B) ; // 色指定全画面クリア
    R,G,B = 0~255
  • 消去後の色と範囲を指定してクリア
    PIXEL.clearRegion(始点Y, 終点Y, R, G, B) ; // 範囲指定クリア
    始点Y,終点Y = 0~127
    R,G,B = 0~255

描画

  • 点を描画する時は、X座標、Y座標、色を指定する。
    PIXEL.pset(X, Y, R, G, B) ; // 点を描画
    X = 0~127
    Y = 0~127
    R,G,B = 0~255
  • 線を描画する時は、始点と終点の座標、色を指定する。
    PIXEL.drawLine(始点X, 始点Y, 終点X, 終点Y, R, G, B) ; // 線を描画
    始点X,終点X = 0~127
    始点Y,終点Y = 0~127
    R,G,B = 0~255
  • 四角形を描画する時は、始点と終点の座標、色を指定する。
    PIXEL.drawRectangle(始点X, 始点Y, 終点X, 終点Y, R, G, B) ; //四角形を描画
    始点X,終点X = 0~127
    始点Y,終点Y = 0~127
    R,G,B = 0~255
    PIXCEL.png

文字の描画

  • 文字色を設定する時は「RGBカラー」で設定する。
    PIXEL.setTextColor(R, G, B) ; // 文字色の設定
    R,G,B = 0~255
    • 使用例
      PIXEL.setTextColor(  0, 255,   0) ; // 緑
      PIXEL.setTextColor(255,  51, 255) ; // ピンク
  • 文字を描画するカーソル位置を設定する時は、X座標、Y座標を指定する。
    PIXEL.setCursor(X, Y) ; // カーソル位置を設定
    X = 0~20
    Y = 0~15
    ※(20,15)に描画すると自動的に画面がスクロールする
  • 文字を描画する時は、文字を指定する。ただし、半角英数字のみ。
    PIXEL.print("文字列") ; // 文字を描画
    文字列 = !"#$%&'()*+,-./0123456789:;<=>?@ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ[\]^_`abcdefghijklmnopqrstuvwxyz{|}
    ※ただし、「"」を描画する時は「\"」、「\」を描画する時は「\\」と記述する
  • 改行付きの描画
    PIXEL.println("文字列") ; // 改行付きで文字を描画
  • 文字列がスクロールする範囲を設定
    PIXEL.setScroll(開始行, 終了行) ; // スクロール範囲を設定
    開始行、終了行 = 0~15

ビープ音

  • ビープ音を鳴らす
    PIXEL.beep(1) ; // ビープ音を鳴らす
  • ビープ音を止める
    PIXEL.beep(0) ; // ビープ音を止める

スイッチの状態を取得

  • SW1~SW4の状態を取得
    PIXEL.sw1(); // SW1の状態を取得
    PIXEL.sw2(); // SW2の状態を取得
    PIXEL.sw3(); // SW3の状態を取得
    PIXEL.sw4(); // SW4の状態を取得
  • 使用例
     if (PIXEL.sw1()) {
      // SW1が押されていた時の処理をここに書く
     }
     if (PIXEL.sw2()) {
      // SW2が押されていた時の処理をここに書く
     }
     if (PIXEL.sw3()) {
      // SW3が押されていた時の処理をここに書く
     }
     if (PIXEL.sw4()) {
      // SW4が押されていた時の処理をここに書く
     }

スプライト(上級)

  • 予め描画するピクセルを定義しておいて、座標を指定して描画させる。
  • 例えば、キャラクターを定義して、画面上を動かすような場合に使える。
  • 使い方が少し難しいので「ファイル」→「スケッチの例」→「PixelPlus」→「Sprite」を参考に。
  • スプライトを作成する
    PIXEL.createSprite(ID, サイズX, サイズY) ; // スプライトを作成する
  • スプライトにピクセルの定義を設定する
    PIXEL.fillSprite(ID, ピクセルを定義した配列) ; // スプライトの定義
    • 「ピクセルを定義した配列」は例えば以下のように定義する
    • 「PROGMEM 」を忘れずに付けること!(データをフラッシュメモリ上に置くため。詳しくはこちら
    • 下記は1ドットの白枠が付いた8ドット×8ドットの黒い四角形である
      PROGMEM uint16_t sprite[] = {
        0xFFFF,0xFFFF,0xFFFF,0xFFFF,0xFFFF,0xFFFF,0xFFFF,0xFFFF,
        0xFFFF,0x0000,0x0000,0x0000,0x0000,0x0000,0x0000,0xFFFF,
        0xFFFF,0x0000,0x0000,0x0000,0x0000,0x0000,0x0000,0xFFFF,
        0xFFFF,0x0000,0x0000,0x0000,0x0000,0x0000,0x0000,0xFFFF,
        0xFFFF,0x0000,0x0000,0x0000,0x0000,0x0000,0x0000,0xFFFF,
        0xFFFF,0x0000,0x0000,0x0000,0x0000,0x0000,0x0000,0xFFFF,
        0xFFFF,0x0000,0x0000,0x0000,0x0000,0x0000,0x0000,0xFFFF,
        0xFFFF,0xFFFF,0xFFFF,0xFFFF,0xFFFF,0xFFFF,0xFFFF,0xFFFF,
      };
    • データを手作業で作ると大変なので、「arduino-1.0.5\tools\BMPtoC」にある変換ソフトを使用しても良い。
  • スプライトを描画する
    PIXEL.drawSprite(ID, 描画X座標, 描画Y座標) ; // スプライトを描画
    X,Y = 0~127
  • スプライトを解放する
    PIXEL.freeSprite(ID) ; // スプライトを解放

Total:3445 / Today:1 / Yesterday:0

スポンサーリンク


添付ファイル: filePIXCEL.png 1277件 [詳細]

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-10-14 (火) 14:19:53