スポンサーリンク


概要

  • HIOKI IM3570インピーダンスアナライザをPCから制御して測定値を取得する。

通信インタフェース

  • RS-232C(いつものシリアル通信)
  • USB(仮想COMポートっぽい)
  • GPIB(サンプルアプリが見つからない・・・)
  • LAN(ソケット通信)

LCR アプリケーションディスク

  • サンプルプログラムがソースコード付きでLCRアプリケーションディスクに含まれているので、これが参考になる。
  • http://hioki.jp/soft/lcr/lcrapp_j.html
  • 対応機種
    • IM3570 インピーダンスアナライザ
    • IM3523 LCRハイテスタ
    • IM3533 LCRハイテスタ
    • IM3533-01 LCRハイテスタ

サンプルプログラム1

  • このプログラムは、[測定]ボタンを押すとトリガや測定周波数などの設定を行った後、トリガをかけて測定値を取得します。
    Serial_sample1.png

サンプルプログラム6

  • このプログラムは、アナライザモードで掃引測定を行います。
  • 掃引条件を入力し[アナライザ測定]ボタンを押すと、結果がテキストボックスに表示されます。
  • [保存]ボタンを押すと結果をテキストファイルに保存することができます。
    Serial_sample6.png

HIOKI インピーダンスアナライザ 通信 RS-232C GPIB USB LAN PLC VB VisualBasic サンプルアプリ
Total:3946 / Today:1 / Yesterday:2


スポンサーリンク


添付ファイル: fileSerial_sample6.png 1032件 [詳細] fileSerial_sample1.png 1019件 [詳細]

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-05-11 (金) 15:44:42