スポンサーリンク


概要

  • 無線LANのアクセスポイント(WAPM-1166D)を定期的に再起動させる方法
  • WAPM-1166DはSSHまたはTELNETでログインしてコマンドで制御可能なので、LinuxのCronなどで再起動のコマンドを送る
  • 今回はRaspberry PiでTELNET接続

詳細

Raspberry PiでTELNETを使用するための準備

pi@raspberrypi:~ $ sudo apt-get update
pi@raspberrypi:~ $ sudo apt-get install telnet

WAPM-1166DにTELNETログインしてみる

pi@raspberrypi:~ $ telnet 192.168.1.110
Trying 192.168.1.110...
Connected to 192.168.1.110.
Escape character is '^]'.
Name: root
Password: 
*** Hi admin, welcome to use cli ***
man$exit
Exit this session
Connection closed by foreign host.

再起動用のスクリプトを作る

pi@raspberrypi:~ $ nano cmd.sh
#!/bin/sh
sleep 1; echo root
sleep 1; echo hogepiyo
sleep 5; echo setup reboot force
sleep 1; echo exit

Cronに登録(毎朝3時に再起動実行)

pi@raspberrypi:~ $ crontab -e
00 3 * * * sh /home/pi/cmd.sh | telnet 192.168.1.110

ログを取りたい場合は

00 3 * * * sh /home/pi/cmd.sh | telnet 192.168.1.110 >> /home/pi/log.log

参考


Total:582 / Today:1 / Yesterday:3


スポンサーリンク


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-10-26 (金) 23:25:20