スポンサーリンク


概要

  • 仮想マシン上にDebianをインストールし、ソフトウェアRAIDを構成する
  • ディスク障害時の対応を確認する

RAID1構成でのインストール

  • debian-501-amd64-i386-powerpc-netinst.iso
  • インストールディスクを挿入して起動。
    RAID1-01.png
  • 言語の選択:Japanese
  • キーボード配置の選択:日本(106 キー)
  • ネットワークの設定 ホスト名:debian
  • ネットワークの設定 ドメイン名:localdomain
  • ディスクのパーティショニングで「手動」を選択。
    RAID1-02.png
  • 各ディスクに対してパーティションを設定。
    SCSI1(sda)1基本256Mraidswap用
    2基本1Gbootraid/boot用
    3基本7.3Graid/用
    SCSI2(sdb)1基本256Mraidswap用
    2基本1Gbootraid/boot用
    3基本7.3Graid/用
  • パーティションの設定が終わったら「ソフトウェアRAIDの設定」を選択。
    RAID1-03.png
  • パーティショニングを一度ディスクに書き込む。
    RAID1-04.png
  • 「MDデバイスの作成」を選択。
    RAID1-05.png
  • RAID1を選択
    RAID1-06.png
  • RAID1アレイ数を入力(デフォルト:2)。
    RAID1-07.png
  • スペアデバイス数を入力(デフォルト:0)。
    RAID1-08.png
  • どのパーティションを利用するか選択。まずはswap領域用に作成した/dev/sda1と/dev/sda2を選択(スペースキー)。
  • この操作を3回(swapと/bootと/)繰り返す。
    RAID1-09.png
  • 設定した通りになっているか確認。
    RAID1-10.png
  • 良ければ書き込み。
    RAID1-11.png
  • なんかWarningが出た。
    RAID1-12.png
  • 無事に再起動すればDebianのインストールは完了。
    RAID1-13.png
  • ログインできるか確認。
    RAID1-14.png

ディスク状況の確認

1台目のSCSIディスク

debian:~# fdisk /dev/sda -l

Disk /dev/sda: 8589 MB, 8589934592 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 1044 cylinders
Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes
Disk identifier: 0x00074602

   Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sda1               1          31      248976   fd  Linux raid autodetect
/dev/sda2   *          32         153      979965   fd  Linux raid autodetect
/dev/sda3             154        1044     7156957+  fd  Linux raid autodetect

2台目のSCSIディスク

debian:~# fdisk /dev/sdb -l

Disk /dev/sdb: 8589 MB, 8589934592 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 1044 cylinders
Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes
Disk identifier: 0x000bf34a

   Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sdb1               1          31      248976   fd  Linux raid autodetect
/dev/sdb2   *          32         153      979965   fd  Linux raid autodetect
/dev/sdb3             154        1044     7156957+  fd  Linux raid autodetect

ディスク全体

debian:~# df -hl
Filesystem          サイズ  使用  残り 使用% マウント位置
/dev/md2              6.8G  586M  5.9G   9% /
tmpfs                 126M     0  126M   0% /lib/init/rw
udev                   10M  108K  9.9M   2% /dev
tmpfs                 126M     0  126M   0% /dev/shm
/dev/md1              942M   33M  862M   4% /boot

RAID状況

debian:~# mdadm --detail /dev/md0
/dev/md0:
        Version : 00.90
  Creation Time : Sun Apr 26 15:08:12 2009
     Raid Level : raid1
     Array Size : 248896 (243.10 MiB 254.87 MB)
  Used Dev Size : 248896 (243.10 MiB 254.87 MB)
   Raid Devices : 2
  Total Devices : 2
Preferred Minor : 0
    Persistence : Superblock is persistent

    Update Time : Sun Apr 26 15:22:23 2009
          State : clean
 Active Devices : 2
Working Devices : 2
 Failed Devices : 0
  Spare Devices : 0

           UUID : 14169bac:86ea11f2:cec15ead:e1f590f8
         Events : 0.4

    Number   Major   Minor   RaidDevice State
       0       8        1        0      active sync   /dev/sda1
       1       8       17        1      active sync   /dev/sdb1

異常時にメール通知する設定

  • sendmailをインストール
    debian:~# aptitude install sendmail 
  • 設定ファイルに記述
    debian:~# vi /etc/mdadm/mdadm.conf
    MAILADDR hogehoge@gmail.com
  • テスト送信(ctrl+cで停止)
    debian:~# mdadm --monitor --scan --test
  • [TestMessage event on /dev/md2:debian]のようなメールが届けばOK
    This is an automatically generated mail message from mdadm
    running on debian
    
    A TestMessage event had been detected on md device /dev/md2.
    
    Faithfully yours, etc.
    
    P.S. The /proc/mdstat file currently contains the following:
    
    Personalities : [raid1]
    md2 : active raid1 sdb3[1] sda3[0]
         7156864 blocks [2/2] [UU]
    
    md1 : active raid1 sdb2[1] sda2[0]
         979840 blocks [2/2] [UU]
    
    md0 : active (auto-read-only) raid1 sda1[0] sdb1[1]
         248896 blocks [2/2] [UU]
    
    unused devices: <none>

2台目のディスクへのGRUBインストール

  • インストール時には1台目のディスクにしかGRUBがインストールされていない。
  • このままでは1台目のディスクが故障した時にミラーリングしてる2台目のディスクから起動できない。
  • 試しに1台目のディスクを抜いてみると…
    RAID1-15.png
  • これでは困るので2台目のディスクへGRUBをインストールしておく。
  • root (hd0,1)は/bootのパーティションを指定。
    debian:~# grub
    grub> device (hd0) /dev/sdb
    grub> root (hd0,1)
     Filesystem type is ext2fs, partition type 0xfd
    grub> install /grub/stage1 (hd0) /grub/stage2 p /grub/menu.lst
    grub> quit
  • 参考

ディスク障害時の対応

  • RAID状況を確認する。
    debian:~# more /proc/mdstat
  • 故障したディスクを取り外し、新しいディスクを取り付け。
  • fdiskでパーティションの作成
    debian:~# fdisk -l /dev/sdb
    debian:~# fdisk /dev/sdb
  • RAIDへ追加
    debian:~# mdadm --manage /dev/md0 --add /dev/sdb1
    debian:~# mdadm --manage /dev/md1 --add /dev/sdb2
    debian:~# mdadm --manage /dev/md2 --add /dev/sdb3
  • 確認
    debian:~# more /proc/mdstat
    Personalities : [raid1] 
    md2 : active raid1 sdb3[2] sda3[1]
          7156864 blocks [2/1] [_U]
          [=========>...........]  recovery = 49.0% (3509248/7156864) finish=0.6min speed=93530K/sec
          
    md1 : active raid1 sda2[0] sdb2[1]
          979840 blocks [2/2] [UU]
          
    md0 : active raid1 sda1[0] sdb1[1]
          248896 blocks [2/2] [UU]
          
    unused devices: <none>
  • 参考

Total:20902 / Today:1 / Yesterday:1


スポンサーリンク


添付ファイル: fileRAID1-15.png 1682件 [詳細] fileRAID1-14.png 1747件 [詳細] fileRAID1-13.png 1691件 [詳細] fileRAID1-12.png 1698件 [詳細] fileRAID1-11.png 1738件 [詳細] fileRAID1-10.png 1762件 [詳細] fileRAID1-09.png 1785件 [詳細] fileRAID1-08.png 1770件 [詳細] fileRAID1-07.png 1709件 [詳細] fileRAID1-06.png 1793件 [詳細] fileRAID1-05.png 1747件 [詳細] fileRAID1-04.png 1755件 [詳細] fileRAID1-03.png 1883件 [詳細] fileRAID1-02.png 1858件 [詳細] fileRAID1-01.png 1927件 [詳細]

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-03-16 (火) 23:42:01